妊活!卵の質向上委員会

妊娠したい!精子の質や卵子の質を上げるサプリ・方法、排卵のしくみ・妊娠しやすい日の調べ方などを特集した妊活サイト。妊卒ママが飲んで試した口コミつき通販で買える妊活サプリランキングも。

*

 -

《乳酸菌と妊活》腸内環境を整えるべき5つの理由(腸内フローラ)

腸内環境改善=不妊から妊娠しやすいからだ作りへの第一歩

妊活と腸内環境

妊活中の腸内環境を整えることには、「妊娠力への関わり」と「生まれてくる赤ちゃんへママの体から悪玉菌を送らない」というメリットがあります。

腸内環境が整うと妊娠しやすくなる3つの理由+2

腸内環境が悪いと免疫が精子や受精卵を異物として排除してしまう→腸内環境を整え正常な免疫状態にしておく

妊娠するために必要な栄養素の吸収率アップ

冷えの解消や子宮や卵巣のアンチエイジング

出産時、ママから赤ちゃんに良質な腸内細菌をプレゼントできます

その結果、赤ちゃんの免疫力を助けアレルギー症状を発生しづらくする



ほかには、妊活中にかかわらず太りにくくなる・生活習慣病になりにくくなる・便秘が解消される・ストレスに強くなるなどのメリットがあります。

「妊娠すると便秘がひどくなる」、そう聞いたことありますよね。
妊娠をすると、「プロゲステロン」というホルモンが分泌されます。

プロゲステロンには、胃腸の筋肉を緩める作用があり消化器のぜんどう運動が低下、便を下に押し出す力が弱り、これを「弛緩性(しかんせい)便秘」と呼びます。

ただでさえ、女性は便秘になりやすい特性があります。

便秘や下痢、お腹の張りなど腸の調子が悪いと、栄養を吸収する効率が悪くなります。

《不妊》腸内環境が悪いと精子や受精卵を異物として排除してしまう!?

免疫力が低下すると精子や受精卵を排除
免疫は体にダメージを与える物質を攻撃して体を守り、その攻撃部隊の多くは「腸」で作られています。

ウイルスや異物を攻撃するリンパ球や侵入を防ぐ抗体の約70%の免疫細胞は腸内に存在しています。

腸内環境が悪くなると免疫機能が乱れ、過剰なアレルギー反応を起こします。
本来は精子や受精卵は人体に無害なので攻撃対象ではありません。

しかし、免疫力が低下・混乱すると、精子や受精卵を「異物」として排除し、妊娠の成立が妨げられてしまい不妊の原因になることも。

正常な免疫状態にしておくために腸内環境を整えることが「妊娠しやすさ」につながります。

いっけん妊娠と腸は関係ないようですが、実は妊娠や出産にふさわしい体内環境に大きな影響があるということです。

腸内環境が悪いと栄養の吸収率が悪くなりサプリや食生活の改善も無意味

妊娠しやすい体 善玉菌
妊娠するため・妊娠の継続には、ビタミンやミネラルなどの栄養素を欠かすことはできません。

腸内環境が悪いと、いくら妊活のためにサプリを摂ったり栄養価の高い食事をしても、吸収できず効果を引き出せません。

腸は食べたものから栄養素を取り出して体内に吸収する大切な器官。

食生活に気をつけていたり、妊活サプリを飲んでいるのに効果が感じられないタイプの人は、腸内環境が悪く栄養の吸収率が低下しているせいで効果が出づらいことも考えられます。

腸内環境と女性ホルモンの関係(卵巣のアンチエイジング)

腸活 卵巣のアンチエイジング
女性の骨盤内には腸や子宮・卵巣といった臓器がおさめられています。

便秘が重度で老廃物が腸にたまり、血行不良で冷えてしまうと、子宮や卵巣に悪影響があることがあります。

子宮や卵巣の働きが低下すると、ホルモンバランスや自律神経が乱れ「妊娠力の低下」につながります。

妊活中のストレスを科学的に軽減

腸内環境が整い善玉菌が優勢になると、「セロトニン」や「ドーパミン」といった脳から幸せを感じる物質が作られ、イライラを防ぐことができます。

妊活中の方におすすめの腸内環境改善サプリメントが発売されています。

モノグルタミン酸型葉酸が400㎍摂れるすぐれもの。

《妊活専用サプリメント発売》腸内環境の改善が妊娠しやすさにつながります。

善玉菌優勢の腸内環境を作るお手伝いをする成分である「乳酸菌生産物質」が配合されている妊活女性の方専用サプリ
興味のある方は試してみるのも良いと思います。


赤ちゃんは母親の産道を通る際に「母親の腸内細菌」を受け継ぎます

赤ちゃんは母親の産道を通る際に「母親のビフィズス菌」を受け継ぎ

私たち「人」の腸内には、1,000種を超える、総数約600兆個もの多種多様な細菌が生息しています。

その総重量に換算すると、何と1kg~1.5kgもあるそうです。

小腸から大腸にかけて、これらの様々な細菌が種類ごとにグループをつくり、腸壁にびっしりと住んでいます。

顕微鏡で腸の中を覗くと、細菌群がまるで「お花畑(flora)」のようにみえることから、『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と呼ばれるようになりました。

これらの腸内細菌は人の健康や感染防御に大きな影響を与えると考えられています。

赤ちゃんに腸内フローラが形成されていくしくみ

胎児は母親の産道を通る時に腸内細菌を受け継ぎます
胎児は母親の子宮内では無菌状態です。

お母さんのお腹の中にいる時期の胎児の消化管内に、腸内細菌はまだ一匹も棲みついていません。

産道(膣)を通る時に口や鼻をぴったりと押しつけながら出てきます。
その際に細菌が新生児の体に侵入・感染し、そのまま腸内の常在菌となります。

母乳と乳酸菌 腸内フローラ
また、出生後にも母乳・近親者やペットに触れて菌を得たり、手や口で色々なものに触れることで細菌と接触し、新生児の腸内フローラ(腸内細菌叢)が形成されていきます。

中でもビフィズス菌は、新生児の腸管内で、出生後の早い段階で最も多くを占める細菌です。

まだ免疫が発達していない新生児を病原菌から守っている重要な役割を果たします。

お母さん(母体となる人物)の腸内環境を改善し腸内細菌を良い状態にしておくことで、我が子に最高の腸内環境を引き継ぐことができるのです。

言いかえれば、お母さんの腸内環境を整えておくことで、悪玉菌を赤ちゃんに譲らないことが出来るのです。

ベルギー在住で分娩様式の異なる17組の母子(自然分娩:12組、帝王切開:5組)の便からビフィズス菌を経時的に単離し、詳細に調べました。

その結果、自然分娩で生まれた新生児11名から、母親と同一菌株のビフィズス菌(B. adolescentis、B. bifidum、B. catenulatum、B. longum subsp. longum、B. pseudocatenulatum)が分離され、自然分娩では母親から新生児へ複数のビフィズス菌種が受け継がれることが明らかになりました。

一方、帝王切開で出生した新生児ではビフィズス菌は検出されるものの、母親と同一菌株のビフィズス菌は検出されず、腸管内におけるビフィズス菌の定着も自然分娩児と比べると遅いことが確認されました。

出典:母親の腸管内のビフィズス菌が新生児に受け継がれることを証明(ヤクルト研究所)

自然分娩と帝王切開で赤ちゃんが取り込む菌の種類が変わる

帝王切開の場合産道を通らないので、取り込む菌の数と種類は自然分娩よりずっと少なくなります。

その場合は生まれた病院の環境、医療従事者や、近親者との接触により菌を取り込みます。

赤ちゃんは生まれてからすぐに接触するものから細菌に感染し、常在菌として体内で利用していくしくみです。

妊活中に腸内環境を整える

母親の腸内細菌が子どもに受け継がれることから、生まれてくる子どもの健康のためには、妊婦が良好な腸内環境を維持することが大切だと考えられます。

腸内環境の改善はアトピーや花粉症などアレルギー症状を抑える

腸内フローラでアレルギーとアトピーを抑える
乳酸菌には、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーの原因物質を抑えるはたらきがあります。

鼻づまりやくしゃみなどアレルギー鼻炎の症状の改善だけでなく、アレルギーそのものを元から治す可能性もあることが期待されています。

2009年10月に開催された第59回日本アレルギー学会秋季学術大会において、赤ちゃんの腸内細菌とアレルギー発症との関係について講演した中山二郎・九州大学准教授に聞いた。

生まれる前の胎児の腸内は、ほぼ無菌状態である。ところが、お母さんのおなかを出たときから、さまざまな細菌が入れ替わり立ち替わり口から入り込み、腸内に棲みついていくようになる。この新生児期の腸内細菌の状態「腸内フローラ」が、後のアレルギー発症に関係してくるという。

《生後1カ月の乳児のお腹の細菌で差が出た》
今回の中山准教授の研究は、厚生労働省免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業(2002~2006年度、主任研究者 白川太郎・元京都大学大学院医学研究科教授)の一環である。

86名の乳幼児を対象とし、生後2カ月までの腸内細菌群と2歳までのアレルギー発症状況の追跡調査が行われた。

その結果、生後1カ月の乳児の腸内細菌にバクテロイデス属が存在する場合とクロストリジウム属が存在する場合があり、前者は幼児期にアレルギーが発症しやすく、後者は発症しにくいことが示された。

出典:赤ちゃんの腸内細菌とアレルギー防止の関係がみえてきた(早稲田大学ジャーナリズムスクールウェブマガジン Spork)

妊活中に腸内環境を改善する方法

腸内環境を整える方法
腸内環境を整えるにはどうしたら良いのでしょうか。
ヨーグルトを食べればいいの?

腸内細菌と腸内環境のおはなし

腸内細菌は善玉菌・悪玉菌・日和見菌から構成されています。

悪玉菌が優勢になると、腸壁が荒れ、食べた栄養素をしっかり吸収できないばかりか、免疫力が低下し、病気やアレルギー症状を発症する原因になります。

これらの改善には腸内フローラを善玉菌優勢にすることが重要です。

体に良い働き:善玉菌
善玉菌

乳酸菌やビフィズス菌、フェーカリス菌やアシドフィルス菌に代表される「善玉菌」。
人が健康でいられるための物質を生成して、悪玉菌の侵入や増殖を防ぎ、腸の調子を整えます。

体に悪い働き:悪玉菌
悪玉菌

ウェルシュ菌や病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌などに代表される「悪玉菌」。
消化しきれないタンパク質を腐敗させ腸内で有害物質をつくり出します。この毒素はガンや老化を誘発すると言われています。

バランスの鍵:日和見菌
日和見菌

レンサ球菌、バクテロイデス菌に代表される「日和見菌」。
そのときどきで、腸内の善玉菌・悪玉菌のうち優勢な側について作用します。



この細菌バランス(腸内フローラの状態)を「腸内環境」といいます。

理想的な腸内フローラのバランスは善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割

腸内細菌の理想的なバランス
「腸内フローラ」の理想的なバランスは《善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割》と言われています。

このバランスに腸内環境を保つことで善玉菌が悪玉菌の定着・増殖を抑え、有害物質を体外に排出するのを助けたり、免疫細胞を活性化したりするなどの作用がキープされます。

腸内フローラは、生活習慣や環境、食生活や年齢などで大きく変化します

赤ちゃんの頃はビフィズス菌優位なのですが、年齢を重ねおとなになるとビフィズス菌の占有率は1〜2割になってしまいます。

老年期のはじまりである60才前後にはウェルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌が増え始めます。
そして、ビフィズス菌がいなくなる人が3割にものぼります。

悪玉菌が増え、腸の蠕動運動が鈍り便秘がちになると、腸内が腐敗し、老化や肌荒れを誘発したり発がん性物質などの有害物質を生産しやすい腸の状態になってしまいます。

腸内環境(腸内フローラ)を整える方法は乳酸菌・ビフィズス菌を摂ることです

『腸内フローラ』を整えるには、善玉菌が優勢な状態に腸内環境をする必要があります。

日頃から善玉菌の代表である「乳酸菌」や「ビフィズス菌」を定期的に摂取しましょう。

ビフィズス菌が大好きなオリゴ糖も忘れずに

ビフィズス菌は胃酸で死滅してしまうので生きたまま数多く腸までたどり着くことが困難です。

ですが、オリゴ糖を摂取すると、おなかの中にいるビフィズス菌がオリゴ糖を食べ、エネルギーにして増殖します。

オリゴ糖と砂糖の違いは、胃や小腸で吸収されず大腸まで届くこと。
善玉菌の代表格であるビフィズス菌の栄養となり、ビフィズス菌を増やします。

管理人

腸活・菌活をするときは必ず「オリゴ糖」を一緒に摂取しましょう。

腸内細菌を整える食品

乳酸菌を多く含む食材

ヨーグルト・チーズ・味噌・醤油・漬物・納豆・塩こうじ・キムチなど

乳酸菌の弱点

乳酸菌にはたくさんの種類があり、その種類により「大腸だけ」、「小腸だけ」とお腹に届く場所が限定されているのです。

同じ種類の乳酸菌を摂っても、腸全体を良い環境に導けないが難しい所。

一部を例に出すと、乳酸菌を代表する「乳酸菌」は小腸まで、「ビフィズス菌」は大腸までなのです。

乳酸菌の種類を多くとったほうが良い理由


複数の乳酸菌を摂るメリットは、上に書いたとおり腸まで届いてもその部位が限られていることがあります。

いろいろな種類の乳酸菌を摂取すれば、腸全体に行き渡りバランスの良い腸内細菌の状態となります。

ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食材を摂るにしてもたくさんの種類の乳酸菌を摂るにはかなりの種類のものを毎日食べなくてはいけません。

こうなると経済的にも難しくなってきてしまいます。

管理人

この問題を解決するために、21種類5億個の乳酸菌と赤ちゃん由来のビフィズス菌とオリゴ糖が配合されている妊活中の方におすすめの腸内環境改善サプリメントが発売されています。

腸内のビフィズス菌を増やす役割として、善玉菌の餌でありエネルギー源となるオリゴ糖(母乳に多く含まれるガラクトオリゴ糖、乳香オリゴ糖、フラクトオリゴ糖)も含有されています。

そして、乳酸菌が作りだす成分である、「乳酸菌生産物質」が入っているのが特徴です。

その人がもともと持っている善玉菌をさらに元気にさせ、環境を善玉菌優勢に導きます。

体内でたくさん作り出すには、膨大な量の善玉菌を摂取しなくてはならず、サプリメントで直接体内に送り込むことでしっかり届くそうです。

さらに、モノグルタミン酸型葉酸が400㎍摂れる妊活中の方向けの配合です。

無添加・放射能テストもしっかり行われている安全なものなので興味のある方は試してみるのも良いと思います。

善玉育菌サプリ スルーラの味 口コミ 体験談

管理人

ベリー味の粉末になっていて、炭酸で割ったり、スムージーに混ぜたり、ヨーグルトにかけて食べたり色々な方法で摂ることができます。

私もこの方法で飲んだり食べたりしてみましたが…「すごくおいしくてびっくり!」しました(*^_^*)

お母さんの腸内環境を整えて、授かりやすい体に。悪玉菌を赤ちゃんに譲らないためにも乳酸菌を摂りましょう。

腸内環境を整えて妊娠しやすいカラダをつくる善玉育菌サプリ スルーラ

腸内環境を整えて自然妊娠力を高め、赤ちゃんに良質の腸内細菌を引き継ぐ新しいサプリ
妊活 善玉育菌サプリ スルーラ

腸内環境の改善は妊娠しやすさと関係しています

腸内環境が悪くなると、免疫力が低下・混乱し、精子や受精卵を「異物」として排除し、妊娠の成立が妨げられてしまうことになります。

また、無菌状態で育った赤ちゃんは母親の産道を通る際に「母親のビフィズス菌」を受け継ぎ腸の健康を守ります。

さらに、腸内環境を整えることにより、食事や妊活サプリの必要成分の吸収率も高まります。

価格[1日約97円〜]
定期便(いつでも解約OK):初回2,700円/2回目以降5,100円/送料無料
単品購入:6,000円/送料350円

※期間限定55%OFF特別キャンペーン中《毎月100名》
赤ちゃんの腸を守り、腸内環境を整え自然妊娠力を高める妊活サプリです。

ビフィズス菌を増やす「オリゴ糖」も入っています。

妊活中に腸内環境を整えたほうがいい5つの理由

善玉育菌サプリ スルーラの特徴

妊活・ベビーのための腸内環境を整える



私が3つの妊活サプリを選んだ理由
妊娠するために必要な各種栄養素の1日あたりの必要摂取量とコスト面を考えた組み合わせです。

私が選んだサプリメントと成分をみてみる

その妊活サプリの選び方であっていますか?管理人が実際に飲んだおすすめ《妊活サプリランキング》
妊活サプリ

卵子をしっかり育てて排卵するには妊娠・妊活に必要な栄養素のバランスがとれている事が重要です。

最近は妊活に必要な栄養素が手軽に手堅く摂取出来る妊活サプリメントが人気です。

高齢不妊の人、排卵の悩みがある人、男性不妊の人、基礎体温の悩みで妊活サプリメントを探しているけど「どのサプリも良いことばかり書いていて何が良いのかわからない!」って思いますよね?

妊活卒業生2児のママが妊活サプリメントの選び方と目的別でおすすめの妊活サプリをまとめました。

妊娠したいなら目的にあった効果のある妊活サプリを選びましょう。


妊活サプリランキング
葉酸サプリランキング
妊活マカサプリランキング
《高齢妊娠・高齢不妊》卵子の質をあげる妊活サプリ
男性不妊・男性妊活サプリランキング

みんなが読んでいる
妊娠したい人向け《悩み別記事》

「若榴da檸檬」口コミレポートをみてみる⇒

若榴da檸檬 >> 温果実+酵素のチカラで「基礎体温UP!」
赤ちゃんと善玉菌 赤ちゃんに「悪玉菌」を譲らないために、今からできること。

《乳酸菌と妊活》腸内環境を整えるべき5つの理由(腸内フローラ)⇒


新着

妊活ダイエットで妊娠しやすい体重に!たった10%の体重減で妊娠力は変わる!
《妊活中の脱毛Q&A》妊娠前にしておけば良かったこと
赤ちゃんの脳の発達が良くなるDHAは妊活・妊娠中から摂取しよう
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)用サプリ?アメリカで話題のピニトール
《妊娠27週の壁》医療保険の見直しは妊活中 妊娠前 不妊治療初診前に!
サイトマップ

総合

葉酸はいつからいつまで飲むの?妊娠週数別葉酸の効果と摂取量
2人目を妊娠した周期と妊娠しなかった周期のまとめ
《超フライング検査》高温期9日目からはじめる妊娠検査薬
《みんなの体験談》妊娠検査薬で陽性反応がでたのはいつ?
【妊娠の徴候まとめ】みんなの妊娠超初期症状体験談

基礎体温

基礎体温がガタガタでも妊娠できる!?
基礎体温 低温期から高温期の上がり方がゆるやかな原因
基礎体温 高温期の体温が低い方のためのヒント

生理・子宮内膜について

《生理不順でも妊娠したい》〜マカでホルモンバランスを改善〜
子宮内膜が薄い原因と子宮内膜を厚くするためのヒント

排卵について

《奥に出ていた》排卵日伸びるオリモノが出ない・伸びない
排卵日がわからない原因とその対策

タイミング法と排卵検査薬について

【まとめ】図解!排卵日をつかみ妊娠確率をあげるタイミング法
排卵検査薬 反応が薄い・濃くならない・薄い陽性のままの人へのヒント
《精子と卵子》寿命と受精可能時間の違いをチェック!

卵子の質・卵子の老化・高齢妊娠対策

【明日の卵子は今日より老化】ミトコンドリア治療で卵子の老化を改善
今日から始める!卵子の質を上げる方法
【LHとFSH】が低い人がとるべき対策
《年齢別妊娠確率まとめ》妊娠率・受精率・着床率・流産率
《数字で見る》40歳・40代の妊娠確率

夫の妊活・男性の妊活

男性不妊・男性妊活 サプリ・亜鉛で精子の質や精力を高める理由と効果
射精された精子はいつ作られたものなの?
葉酸で男性の精子の質は良くなる?
精子の老化も不妊や障害発生率に関係ある?

先着100名様だけ!30日分が実質無料です。
私の《オーガニックレーベルの葉酸》口コミと効果

  関連記事

着床率
着床しやすい体作り・着床しやすい子宮作り

この記事の目次1 着床するための方法〜体質改善して着床率を上げる〜1.1 着床しやすい体作り1.2 中村学園大学による研究でわかった マカの妊娠への作用1.3 …

ハローベビー
男女産み分け方法 男の子が欲しい!女の子が欲しい!

この記事の目次1 産み分け妊娠は可能?希望する性別の赤ちゃんを授かれる?1.1 男女産み分けとは1.2 《産み分け》男の子希望の場合1.3 《産み分け》女の子希 …

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)クロミッドが効かない!コエンザイムQ10との併用療法

この記事の目次1 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは1.1 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状1.2 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の原因1.3 多嚢胞性卵巣 …

bunbougu_memo-1
【先輩ママアンケート】妊娠するために気をつけた事

この記事の目次1 妊娠をした女性に聞きました!妊娠するために気をつけた事アンケート1.1 規則正しい生活1.2 気持ちを盛り上げる1.3 乳酸菌を積極的に摂って …

《妊活中の脱毛Q&A》妊娠前にしておけば良かったこと

この記事の目次1 妊活中に脱毛しても大丈夫?妊活中のムダ毛処理2 妊活中の脱毛〜わたしの場合2.1 妊活中の脱毛・不妊治療中の脱毛は妊娠に影響しません。2.2 …

葉酸はいつからいつまで
葉酸はいつからいつまで飲む?妊娠週数別葉酸の効果と摂取量

この記事の目次1 葉酸サプリはいつからいつまで飲むべき?1.1 妊活前?妊娠前?いつから葉酸サプリを飲んだほうがいいの?2 葉酸サプリを妊娠前から飲んだほうがい …

nounai
赤ちゃんの脳の発達が良くなるDHAは妊活・妊娠中から摂取しよう

この記事の目次1 妊活中、妊娠初期からDHAを摂取した方がいいとされる理由1.1 胎児の時期のDHA摂取量が脳の発達には重要1.2 オメガ3脂肪酸(DHA含む) …

妊娠したいと思ったら 妊活チェックリスト

この記事の目次1 妊娠したいと思ったら1.1 妊娠したいけど病院に行きたくない2 妊娠したいのに、なかなか妊娠できないのはなぜ?2.1 すぐに妊娠できる人とでき …

date_couple
妊娠しやすいセックスの回数

この記事の目次1 妊娠するためのセックスの回数1.1 一般的な性交回数でどの位?1.2 精子の濃さや数の減少を気にして性交回数を減らすのは逆効果!?2 仲良しの …

《葉酸》錠剤が苦手で飲めない人・つわり中の人に読んで欲しいページ

この記事の目次1 《解決策》葉酸が飲めない 錠剤が苦手で妊活サプリが飲めない人1.1 錠剤が苦手で飲み込めない1.2 つわりの吐き気で葉酸サプリが飲めない1.3 …

↑PageTop